お問い合わせ・ご予約 月・火・木・金:10:00〜12:00/14:30〜17:00 水・土:10:00〜12:00 043-301-2661

よくあるご質問FAQ

精子凍結はいつ行った方が良いですか?
基本的には、抗がん剤や放射線治療開始前に精子凍結を行った方が良いです。
がん治療を優先し抗がん剤や放射線を行った後でも精子凍結を行うことは技術的に可能ですが、抗がん剤治療後に採取された 精子の安全性はまだ確立されておらず、精子凍結保存を行う是非に関する意見が一致しておりません。
現時点では、RSN ではがん治療開始前の凍結をおすすめしております。
凍結精子はいつまで保存できますか?
液体窒素内で保存中は、半永久的に保存可能です。
ただし、患者さんがお亡くなりになられた場合は、ご家族の意志にかかわらず廃棄処分になります(日本産科婦人科学会の通達により)。お亡くなりになられた患者さんの精子を用いた不妊治療は禁止されています。
年齢制限はありますか?
現時点では、マスターベーションによる射精が出来ない小さなお子さんや、70歳以上の方は、お受けしておりません
具体的に費用はいくらかかりますか?
例)保存個数 1ケーンを3年保存する場合 凍結費(4万円)+保存費(12万円)=16万円(税抜)になります。
子どもを希望し、凍結精子を使用(不妊治療)する場合はどうしたらいいですか?
RSNは医療機関ではなく、凍結精子の保存・管理等を行う一般社団法人です。そのため、お子さんを希望して凍結精子を使用する場合は、高橋ウイメンズクリニックか、他の不妊治療施設様で体外受精などの不妊治療を行う必要があります。他施設で治療をされる場合は、患者さんご自身で治療施設の受入れ同意の確認をお願いいたします。また、その際の輸送費用をご負担いただきます。日本全国に宅配でお送りできます。
※輸送に関する費用は、約4万円(輸送手続き料+送料)