お問い合わせ・ご予約 月・火・木・金:10:00〜12:00/14:30〜17:00 水・土:10:00〜12:00 043-301-2661

関連情報RELATED INFOMATION

リンクサイト

がん患者様妊孕性温存治療費助成について

患者様が将来に希望を持ってがん治療に取り組めるよう支援することを目的に、以下の自治体では妊孕性温存治療に係る費用を助成しています。※助成に関する詳細は、各自治体にご確認ください。 ※2020年8月時点

自治体 助成金上限額 助成回数 年令制限 所得制限
精子凍結 卵子凍結 受精卵・卵巣組織凍結
千葉県いすみ市 20万円 20万円 20万円 1回 なし なし
※いずれも本人負担額の1/2支給
千葉県館山市 20万円 20万円 20万円 1回 記載なし なし
※いずれも本人負担額の1/2支給
埼玉県 5万円
精巣内精子
25万円
20万円 20万円 1回 40歳未満 730万円未満
神奈川県2万5千円20万円20万円1回40歳未満730万円未満
山梨県県内 10万円
県外 5万円
県内 40万円
県外 25万円
県内 40万円
県外 25万円
1回記載なしなし
静岡県※2万円40万円40万円1回40歳未満なし
宮城県3万円20万円20万円1回40歳未満なし
岐阜県3万円20万円20万円1回43歳未満なし
滋賀県2万円10万円20万円1回43歳未満なし
京都府3万円20万円20万円1回40歳未満なし
三重県3万円25万円25万円1回40歳未満なし
和歌山県3万円20万円20万円1回40歳未満なし
広島県2万円20万円20万円1回40歳未満なし
香川県3万円20万円20万円1回40歳未満なし
福岡県2万円20万円20万円1回43歳未満730万円未満

※静岡県では、助成のない市町村があります。詳しくは、各市町村にご確認ください。

書籍紹介

妊孕性温存に関するガイドラインに関する本

日本癌治療学会が刊行
「女性生殖器、乳腺、泌尿器、小児、造血器、骨軟部、脳、消化器の妊孕性温存に関するガイドライン」